エコ名刺専門サイト『エコビー』はアフリカザンビアバナナペーパーをはじめ、エコな用紙で名刺を制作するエコ名刺専門サイトです!

ホーム > スタッフブログ >  「農家」にも名刺が必要な理由|問い合わせの絶えない名刺3選

「農家」にも名刺が必要な理由|問い合わせの絶えない名刺3選

公開  (更新)

「農家」にも名刺が必要な2つの理由とは?ふさわしい名刺3選も紹介

 
「農家でも名刺は持っていた方がいいの?」
「どんな名刺を作ればいいのだろう?」

そのようなご質問にお答えします。


本記事の内容
・農家にとって名刺が必要な2つの理由
・農家が名刺を持つことによるメリットとデメリット
・農家が名刺を活用する3つのポイント
・問い合わせの絶えない名刺3選

農業をされている方の多くは名刺を持っておらず、「農家に名刺は必要ないだろう」と考えている方が少なくありません。

名刺は「営業マンが取引先との名刺交換に使用するためのツール」というイメージが強いものの、農家でも名刺をもつことで得られるメリットはたくさんあります。

そこで本記事では、農家にとって名刺が必要な理由や、名刺を持つメリット・デメリット、農家にふさわしい名刺について解説します。

農業に従事している方で、名刺を持っていない方、作成を検討している方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

農家にとって名刺が必要な2つの理由

農家にとって名刺が必要な2つの理由
 
名刺を持っていない農家の方はまだまだ多いですが、農家だからこそ名刺は必要と言えます。

ここでは、名刺が必要な理由を大きく2つご紹介します。

 

生産者を覚えてもらうため

これまで消費者は、店舗に並べられた商品の価格や生産地、鮮度などから判断して購入するのが一般的でした。

しかし最近では、売り場やパッケージに「私がつくりました」などと、生産者の情報が記載されており、消費者の判断基準も変わりつつあります。

消費者に購入してもらい、売り上げを伸ばしていくためには、生産者自身を覚えてもらうことが大切です。

名刺には、名前や農場の場所、顔写真、生産品の写真など、さまざまな情報を表記できるため、使い方次第では消費者に生産者をアピールできます。

「この人の野菜を買いたい」「この人の作る果物は美味しい」など、生産者基準で購入する指名買いが増えつつある今、名刺はお客様に覚えてもらうための重要なツールになり得るでしょう。

 

人脈を増やすため

農家の方の場合、家族や農場のスタッフ、取引先など、人との関わりは限られることが多いと思います。

しかし、売り上げを伸ばすためには、身近な人以外の人脈を増やして販路を拡大しなければいけません。

口頭での営業だけでは上手くいかない可能性もありますが、名刺は初対面の方にも自分の情報を効率よくアピールできるため、興味を持ってくれた方と新たなビジネスが生まれる可能性も高まります。

 

農家が名刺を持つことによる3つのメリット

農家が名刺を持つことによる3つのメリット
 

農家の方が名刺を持つことで得られるメリットを3つご紹介します。

 

安心感・親近感を与えられる

農家が名刺を持つメリットは、消費者に対して安心感や親近感を与えられる点です。

たとえば、何も表記されていない透明の袋に入った野菜と、さまざまな情報が記載された名刺を取り付けた野菜では、どちらの方が安心できると感じるでしょうか。

おそらく、多くの方が名刺付きの野菜と答えると思います。

人は、相手の情報を知ることで安心し、親しみを覚えるため、生産者の情報や顔写真などを名刺に記載することで、安心感や親近感につなげられます。

 

購入を促すツールになる

生産者の情報が判断基準になりつつあるため、名刺を使ってしっかりとアピールしておけば、購入に繋がる可能性は高まります。

もちろん、生産品の味や見た目、価格なども大切ですが、名刺を活用することで消費者の購入をさらに促せるのが魅力です。

 

販売経路の拡大につながる

販売経路を拡大するためには、店舗や飲食店などにおもむき、積極的に営業を行わなければいけません。

営業する際に名刺があれば、情報をスムーズに伝えられるのはもちろん、相手の印象にも残りやすくなります。

また、その場で話がまとまらなかったとしても、名刺の連絡先から後日の取引きがまとまることもあるでしょう。

名刺を持っていれば営業がしやすくなるため、販売経路の拡大につながる可能性は高まります。

 

農家が名刺を持つことによる2つのデメリット

農家が名刺を持つことによる2つのデメリット
 

名刺を持つメリットは大きいものの、デメリットもあります。

 

名刺の作成コストがかかる

名刺の作成には少なからずコストがかかります。

これまで名刺を持たずに農業をしてきた方にとっては、「不要な出費」と感じてしまうかもしれません。

しかし、最近はさまざまなテンプレートが用意されているため、おしゃれな名刺を比較的安い値段で作成可能です。

名刺を活用して営業が上手くいけば、十分元が取れるため問題ないでしょう。

 

適切なデザインを考える必要がある

農家の方の名刺の場合、いかに生産者を覚えてもらうか、生産品を購入してもらうかが重要です。

ただ名前や住所を書いただけの名刺では、思うような効果は得づらいため、名刺のデザインを工夫する必要があるでしょう。

テンプレートなどを活用すれば、比較的簡単にまとまったデザインの名刺を作れるためおすすめです。

 

農家が名刺を活用する3つのポイント

農家が名刺を活用する3つのポイント
 

実際に、名刺はどのように活用すれば良いのでしょうか。

ここでは、ポイントを3つご紹介します。

 

生産品に名刺を付ける

生産品を販売する際、パッケージなどに名刺を取り付けることで、消費者の目に留まりやすくなります。

店舗では、たくさんの野菜や果物などが並べられているため、同じような見た目で販売していては、なかなか目につきません。

しかし、名刺を付けることで消費者の興味を惹き、購入に繋がりやすくできるでしょう。

また、名刺の情報からリピーターになってもらえる可能性もあります。

 

売り場に名刺を置いておく

店舗側の協力も必要ではありますが、売り場に名刺を置いておくのも一つの方法です。

興味を持ってくれた消費者が、名刺を見て商品を購入することもあるでしょう。

 

イベントに参加する

人脈を増やすためにも、イベントなどに参加して名刺交換を行うのが大切です。

たとえば、農家の方が集まるイベントや、消費者と直接交流できるマルシェイベントなど、普段は関われない人にアピールすると良いでしょう。

農家の方は作物の栽培などで忙しく、なかなか多くの人と関わるのは難しいかもしれません。

しかし、直接会って名刺を渡した方が印象に残りやすいため、時間を取ってみてください。

 

問い合わせの絶えない名刺3選

農家にふさわしい名刺3選
 

農家の方にふさわしい名刺を3つご紹介します。

 

野菜や果物などをデザインした名刺

相手が名刺を見たときに「農家」であると一目で分かるように、野菜や果物などをデザインした名刺がおすすめです。

たとえば、野菜のイラストを入れたり、背景を果物の柄にするなど、さまざまな見せ方ができるでしょう。

また、農場で作っている生産品を載せるのも分かりやすくて良いです。

 

生産者の顔写真入り名刺

生産者の顔が見えることで消費者は安心するため、顔写真を載せるのも一つの手です。

可能であれば、農場を背景に、生産している野菜や果物を手に持って撮影すると良いでしょう。

受け取った相手は名刺を見ることで、「どんな場所で誰が何を作っているのか」を想像できます。

営業の際にも活用しやすいでしょう。

 

用紙にこだわった名刺

デザインだけでなく、用紙にこだわるのもおすすめです。

たとえば、弊社で扱っているエコ用紙は、バナナやラベンダー、桜、カーネーションなど、さまざまな植物を活用してできています。

通常の用紙に比べて、繊維質が見えていたり、淡いクリーム色をしているなど、温かみがある用紙です。

農業に従事している方だからこそ、より自然に近いエコな用紙が合うと言えるでしょう。

無料サンプルもご用意しているので、気になる方は実際に手に取ってみてください。

≫エコ名刺無料サンプルはこちら
 

まとめ

農家にふさわしい名刺3選
 

本記事では、農家にとって名刺が必要な理由や、名刺を持つメリット・デメリット、農家にふさわしい名刺を解説しました。

名刺を持っている農家の方はまだまだ少ないですが、売り上げを上げていくためにも重要なツールです。

「いまいち必要性を感じない」という方も、名刺を持つことでさまざまなメリットが得られるため、作成されることをおすすめします。

まずは、無料サンプルなども活用しながら、素敵な名刺を作ってください。

\ 簡単2分で申し込み完了!/

> 無料サンプルをもらう

 

> 名刺作成を依頼する