エコ名刺専門サイト『エコビー』はアフリカザンビアバナナペーパーをはじめ、エコな用紙で名刺を制作するエコ名刺専門サイトです!

ホーム > スタッフブログ >  カフェの売上は名刺で上がる!カフェ店員に名刺が必要な3つの理由

カフェの売上は名刺で上がる!カフェ店員に名刺が必要な3つの理由

公開  (更新)

「カフェ店員に名刺は必要?」そんな疑問のある方へ、カフェ店員の方に名刺が必要な理由、名刺を持つメリット・デメリット、ふさわしい名刺をご紹介します。名刺を持っていない方はぜひ読んでみてください。

 
「カフェ店員は名刺を持っていたほうがいい?」
「どんなデザインがいいのだろう…」

そのようなご質問にお答えします。


本記事の内容
・カフェ店員にとって名刺が必要な3つの理由
・カフェ店員が名刺を持つメリットとデメリット
・カフェ店員が名刺を活用する2つのポイント
・カフェ店員にふさわしい名刺の種類2選

カフェで働いている場合、名刺交換をする機会はほとんど無いため、名刺を持っている方は少ないかと思います。

しかし、多くのカフェが溢れる現代では、カフェ店員の方も名刺をうまく活用していかなければなりません。

そこで本記事では、カフェに勤める方に名刺が必要な理由、名刺を持つメリット・デメリット、カフェ店員にふさわしい名刺を解説します。

まだ名刺を持っていない方、どんなデザインにしようか迷われている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

カフェ店員にとって名刺が必要な3つの理由

カフェ店員にとって名刺が必要な3つの理由
 
カフェ店員の方にとって名刺が必要な理由を3つご紹介します。

 

他のカフェと差別化を図るため

チェーン店から個人経営のカフェまで、全国には多くの店舗があるため、他店との差別化を図らなければ長期的な経営を続けるのは難しいです。

こだわりのコーヒーやオリジナルのスイーツなど、メニュー面で差別化を図るのも大切ですが、名刺を活用するのも有効な手段といえます。

カフェでは、ショップカードは作っても名刺は作らない店舗が多いため、お客様や取引先に渡すことで印象に残りやすくなるでしょう。

 

常連客を増やすため

カフェの売り上げをアップするためには、新規客だけでなく常連客も重要です。

カフェ自体を覚えてもらうのはもちろん、お客様との距離を縮めて「あの人のカフェにまた行きたい」と思ってもらう必要があります。

名刺で自己紹介をして自分のことを覚えてもらえれば、お客様のリピートに繋がりやすくなるでしょう。

 

取引先との名刺交換に必要

カフェによっては、仕入れ先業者の方と名刺交換をするタイミングもあります。

名刺を持っていれば取引先の方にも積極的にアピールできるため、カフェの知名度を上げたり、新たな人脈が拡がる可能性もあるでしょう。

 

カフェ店員が名刺を持つ3つのメリット

カフェ店員が名刺を持つ3つのメリット
 

カフェ店員の方が名刺を持つメリットを3つご紹介します。

 

親近感をもってもらえる

カフェ店員の方が名刺を持つメリットは、相手から親近感を持ってもらえる点です。

人は、何者か分からない相手に対して警戒心を抱くと言われているため、名刺で「私はこういう者です」と自分の情報を伝える必要があります。

名刺できっかけができれば、相手から自然と警戒心がなくなり、親近感を抱いてくれるようになるでしょう。

 

印象に残りリピート率が上がる

先程もご紹介したように、カフェ店員で名刺を持っている方はまだまだ少ないため、お客様に渡せば印象に残りやすくなります。

お客様の印象に残ればリピートしてもらえる可能性も上がるため、常連客を増やしていくことにも繋がるでしょう。

名刺はリピート率アップにも繋がるのが大きなメリットです。

 

カフェの知名度が上がる

名刺を使ってお客様や取引先にアピールすれば、カフェ自体の知名度が上がります。

もちろん名刺以外にもSNSやチラシ配布など、さまざまな方法を組み合わせる必要はありますが、名刺はきっかけとして使いやすいのがメリットです。

名刺に掲載する内容によって印象は変わるため、カフェのメニューやお得情報を裏面に載せるなど、知名度アップに繋がる情報を工夫すると良いでしょう。

 

カフェ店員が名刺を持つ2つのデメリット

カフェ店員が名刺を持つ2つのデメリット
 

カフェ店員が名刺を持つデメリットを2つご紹介します。

 

名刺を渡すタイミングを考えなければいけない

ビジネスシーンでは、初対面の方と会ったタイミングで名刺交換を行いますが、カフェの場合はお客様の様子を見て渡すタイミングを図る必要があります。

たとえば、来店されて席に座った時なのか、注文されたメニューを運ぶ時なのか、お客様が帰る時なのかなど、決まりはないものの適切なタイミングを図る必要があるでしょう。

渡すタイミングによっては、名刺をそのままテーブルに置いて帰られる可能性もあるので、良く考えなければいけません。

 

デザインコストがかかる

カフェ店員の方の名刺は、コンセプトや雰囲気に合うようにデザインを工夫しなければいけないため、店舗の外観写真・名物メニューの写真などを載せることもあります。

しかし、撮影やデザインにコストがかかるため、文字だけの名刺と比べて制作費が高くなることもあるでしょう。

テンプレートなどを上手く活用すれば、制作費を抑えられる可能性もあるため、名刺にあまりコストをかけられない方は利用するのがおすすめです。

 

カフェ店員が名刺を活用する2つのポイント

カフェ店員が名刺を活用する2つのポイント
 

カフェ店員の方の名刺は、どのように活用すれば良いのでしょうか。

ここでは、ポイントを2つご紹介します。

 

カフェのおすすめメニューを記載する

表面には自分の情報、裏面にはカフェのおすすめメニューを載せておけば、リピートしてもらえる可能性が高まります。

「次回は〇〇を注文してみたいな」とお客様の興味を惹けるからです。

スペースに余裕がある場合は、写真も合わせて載せるとより効果的でしょう。

 

カフェへの地図を記載する

駅前など、分かりやすい場所にあるカフェなら必要ありませんが、少し分かりづらい場所にあるカフェなら地図を記載するのも有効です。

スマホアプリで店舗の場所を簡単に調べられる時代ですが、名刺を見ただけですぐに場所を確認できるのは、お客様にとってメリットになります。

最寄駅からカフェまでの道のりや、目印になる建物など、分かりやすい地図を載せると良いでしょう。

 

カフェ店員にふさわしい名刺の種類2選

カフェ店員にふさわしい名刺の種類2選
 

カフェ店員の方にふさわしい名刺を2つご紹介します。

 

似顔絵入りの名刺

お客様に親近感を抱いてもらうためにも、名刺に似顔絵を載せるのがおすすめです。

似顔絵入りの名刺はインパクトが強く、顔を覚えてもらえる可能性が高まります。

おしゃれな雰囲気、ポップな雰囲気など、描き手によって似顔絵のタッチは変わるため、カフェに合わせて選ぶと良いでしょう。

 

温かみのある名刺

人が集うカフェには、温かみのある名刺がおすすめです。

たとえば、フォントの色を黒からブラウンにしたり、丸い雰囲気の字体に変えるだけでも印象が変わります。

また、同じデザインでも通常の白い用紙とクラフト紙とでは、印象が全く異なるでしょう。

お店に決まったコンセプトがない場合は、温かみを意識してみてください。

弊社では、素材の繊維が見えていたり、ほんのりクリームがかったような色合いのエコ用紙を多数取り扱っています。

温かみ・優しさを感じられる用紙なので、気になる方はチェックしてみてください。

 

まとめ

まとめ
 

本記事では、カフェ店員の方に名刺が必要な理由、名刺を持つメリット・デメリット、カフェ店員にふさわしい名刺をご紹介しました。

「名刺はビジネスマンが持つもの」という概念は消えつつあり、活用すればするほど効果を得られるツールになってきています。

使い方次第ではカフェの知名度を上げたり、常連客を増やすなどの売上アップにも貢献できるため、カフェ店員の方も名刺を持つことをおすすめします。

\ 簡単2分で申し込み完了!/

> 無料サンプルをもらう

 

> 名刺作成を依頼する