2011-06-07号

本日のトピックス 1】2】3】 (6月7日号)

 

1.【冷えた消費者心理、ほぐす】

 

先日、期せずして滋賀県と愛知県の化粧品店主から、

この3月の業績のご報告をいただいた。

 

3月11日を挟んだ当月の売り上げについてだが、

驚いたことに、片方の店は前年比145%、

地方に至っては約180%だった。

 

ちなみに、前者はショッピングセンターへテナント出店している店、

後者は小型の路面店である。

 

いずれの店も、当月に前年比大幅増へチャレンジすることをあらかじめ決め、

用意周到に準備してきた。

 

安売りには走らず、代わりにさまざまな動機付け策を考え、

2月下旬から順次、用意していた策を打った。

 

それらが功を奏し、3月の滑り出しは順調、

このままいけばチャレンジ予算の達成も夢ではないという状況の中、

震災が起こった。

 

店主らはいずれも考えたという。

 

2月から準備し告知していたものとはいえ、

このままいつも通りの商売を続けていいものだろうか。

 

テナントタイプの店では、13日から大きなイベントも予定していた。

このご時世にいかがなものだろう。

 

しかし、彼らは熟慮の結果、予定していた通りの企画を行った。

顧客らもそれまで同様に来店し、

大いに買い物し、結果は冒頭に記した通りとなったのである。

 

震災に限ったことではないが、

「消費者心理が冷え込む」という言葉はよく聞かれるものである。

実際に冷え込むこともあろう。

 

しかしそれを温めほぐすこともまた商人ができ、

お客さんもそうしてほしいこともあるのではないかと、

これらの例から思う。

 

そしてこの3月に彼らの店に訪れ買い物をした多くの顧客らは、

次のような心境だったのではないだろうか。

 

これは被災地の女性が、ある化粧品店のブログに寄せた震災後の言葉である。

「給湯が復活したので久しぶりにお化粧しました。

それだけで明るくなりますね。お化粧のパワーってスゴイと感じました」

 

(日経MJ5月4・6日合併号より)

                

2.【地道に培う 「ワクワクする店」】

 

1】           で紹介した3月に大きく売り上げを伸ばした化粧品店。

その期間店主らが訴求した特典には「ポイント3倍」や「300円分の金券」

があったが、それらがこの成果の要因だろうか。

 

今回の件で特筆すべきは、販促期間中に震災があったことだ。

先の特典をうたった集客はがきなどは、

震災直後に投函されている。

 

受取った顧客はどうかんじたのだろう。

 

この時期、全国的に消費者の気持ちは「ポイント3倍だから買いに行こう」

とはなり難しかったはずだ。

 

だが彼らの店では、大勢のお客さんを迎えて対応に追われた。

それは「3倍だから」「金券があるから」というだけの動機ではないと思われる。

 

ここは大切なポイントだ。

 

顧客にとっては、彼らの店で買い物をするひとときが楽しく、

震災直後の沈んだ気持ちが癒されて心がほぐれる面が

多分にあったのではないか。

 

しかし一方で、こういうきっかけが与えられなければ心は冷えたままで、

「よし、あの店へ行こう」をは思わない可能性も多々ある。

 

こういうアプローチが顧客にとっても「楽しいことをする」

行動のきっかけとなる。

 

多くの顧客にとって、そこは心がワクワクする場所なのだ。

そういう存在になることをめざし、

店主らも店作りや顧客とのコミュニケーションに励んできた。

 

そんな店から届いたはがきを見たとき、

顧客はそこへ行きたいという気持ちになったのではないだろうか。

そう考えなければあの数字は説明がつかないと、私は思う。

 

とすればそこには、これまでの地道な活動で顧客の心の中で育っている絆や、

ここは心がワクワクする店であるという認識がある。

 

こういったものは一朝一夕には培われない。

だからこそ、彼らの成果が、達成した数字以上に尊いと私は思うのである。

 

(日経MJ5月11日号より)

 

 

 

3.【ニセコ】

 

〈道の駅〉

ニセコニュープラザ

所在地:蛇田郡ニセコ町字元町77番地10

国道5号沿い

0136-43-2051

年中無休

《情報プラザ》

高さ6mの吹き抜けが開放的な空間です。

地元作家の工芸品や特産品などを販売しております。

木のベンチで休憩したり、

ワイドテレビでニセコの四季を見ることができます。

7月?8月 9:00?19:00

9月?6月 9:00?18:00

《フリースペース》

5軒のお店が地元の食材を使って食べ物を販売しています。

5月?10月 8:30から18:00

11月?4月 9:00?17:00

 

※新鮮野菜の直売会等もやっております。

今の季節は、天然のタラの芽が人気だそうです。

天ぷらにすると美味しいですよね♪

 

《トイレ棟》

長い廊下には電話や、自動販売機などが置かれ、

片側にカウンターが設けられており、

窓越しに秀峰・羊蹄山を眺めることができます。

 

 

【アクセス】

札幌?ニセコ 距離 約100km

・バス…約3時間

・JR…約2時間

・車…約2時間20分

 

【観光】

北海道の富士山・羊蹄山が見渡せるリゾート地、ニセコ。

北海道らしい雄大に広がる景色を見ることができます!

 

登山の心得がある方には羊蹄山への登山もいいですが

他にも作家・有島武郎の資料が豊富な有島記念館、

スキーヤーやボーダーならちょっぴり急傾斜が味わえる

ニセコアンヌプリ国際スキー場羊蹄山を見下ろしながら滑降できる

ニセコひらふスキー場。

温泉好きさんにはニセコの山奥の一軒宿

 国民宿舎雪秩父がオススメです。

雪秩父のすぐ側には大湯沼という硫黄臭ただよう沼があり、

秋は紅葉がなまら綺麗!

 

【名産品】

 

ニセコといえば!!やはりジャガイモです。

ジャガイモの種類は代表的なもので、

北あかり・男爵・とうやの3種類があります。

他の野菜ではアスパラ・かぼちゃ・とうもろこし・メロン・トマト・

米・小豆・玉ねぎです。

トマトが名産と云う事でオリジナルのトマトジュース「ニセコすがお美人」を生産しています。

 

私も知らなかったのですが、お米も生産しています。

北海道を代表する・ななつぼし・おぼろづきを生産しています。

 

先ほども云いましたが代表的なものはジャガイモです。

北海道独特の、茹でジャガイモの食べ方を紹介します!

塩で茹でたジャガイモを食べるときは、

塩辛とバターをのせて食べると!!

美味しいんですよ!

えっ!!何!?この組み合わせ!?と思いでしょうが

一度、だまされたと思って試して下さい!

 

【気温】

 

2010年度の気温です

最高気温32.4 最低気温-16.9 平均気温8.3

私たちがお待ちしてます。スタッフ紹介

日新堂スタッフの日常を公開




日新堂オフィシャルFacebookページ(交流会イベント情報はこちらでアップします)



幸せエコ名刺ユーザー交流会Facebookページ(過去の交流会の様子が見れます)




GSL
このサイトで使用している電力は
太陽光発電ネットワーク加盟者による
ソーラー発電(国内)を利用しています
このサイトはSLL暗号化通信(Comodo SSL)で
安全にご利用いただけます。

CRMベストプラクティス賞受賞