2011-05-24号

本日のトピックス 1】2】3】 (5月24日号)

 

1.【消費喚起を支援 結びつける】

 

ある食品店から、こんなご報告をいただいた。

 

消費をしながら被災地を思い、

支援のささやかな一助をもなる、そんなお話です。

 

その店では、以前から扱っているサバの缶詰があった。

他の商品と比べると高価なものだが、一味違う。

自慢の商材のひとつだった。

 

しかしこのたびの震災で生産工場が被災、

製造は止まり、仕入れられなくなった。

 

そこで店主は最後の1箱を売るにあたって、

普段地域に配布しているチラシにこううたった。

 

まずは震災後初めてのチラシだったこともあり、

被災者へのお見舞いと、

こんなときだからこそ自分達は商売ができる喜びをかみしめ、

元気に頑張っていくという思いを綴り、

続いて店頭で募金を行うこととその協力を訴えた。

 

そして缶詰については、

素晴らしい商品だが工場が被災し、

再開時期が分からない今となっては幻の缶詰となったこと。

さらに、最後の1箱分は正価に加えて50円の義援金を上乗せすると伝えた。

 

実際に店頭で50円をその場で募金箱に入れることとした。

 

そのチラシが配布されるやいなや、

お客さんは反応した。

 

結果を言えば、最後の1箱は1日で完売した。

しかも購入者からは「どうもありがとう」「少しでもお役に立てれば」

「早い復興を願いましょう」などの声が聞かれ、

ほとんどが「この缶詰が再開したら絶対買う」と表明した。

 

そしてチラシを見た来店客も、皆、募金をしてくれた。

「チラシを見たら協力したくなって・・・」というお客さんたちに、

店主も感動したという。

 

ここでは店主が消費を喚起しつつ、

支援行動を起こし、

被災地に何かをしたいお客様の気持ちを汲み、

支援のささやかな一助となった。

 

こういう商人らしい活動があちこちで行われることが、

復興の糧ともなっていくのではないだろうか。

 

 

(日経MJ4月27日号より)

                

 

 

2.【心温まるサービス】

 

7年ぶりにパソコン環境を一新した直後に、

LAN(構内情報通信網)回線が故障した。

 

保証書に書かれていた連絡先に電話すると、

すぐにつながり、やさしく穏やかな女性の声で迅速に対応してくれた。

 

そのうえ「申し訳御座いません。お買い上げいただいた販売店がすべきことを、

お客様にしていただいてしまいました。

私が責任持って販売店に伝えておきます」と言ってくれるではないか。

 

ふと保証書を見ると、

所在地は先日旅行したばかりの沖縄。

 

思わず「ありがとうございます。実は私、沖縄が大好きで最近旅行してきたばかりなんです」と伝えると、

「お天気はいかがでしたか?」と尋ねてくれた。

あいにくの天気だったが虹が素晴らしかったと言うと、

「そうでしたか。今週は気温も上がって、お天気もよくなりました。

ぜひまた沖縄へいたしてくださいね」と言ってくれた。

 

東日本大震災で不安だった心がジーンとあたたかくなった。

 

後日、販売店を訪れると、

今度は伝達を受けてくれていた担当社員の男性が謝罪後、

親切ていねいに対応してくださった。

 

電話での一件を話すと満面の笑みで、

「本当にありがとうございます。

お客様からのお言葉、私からちゃんと伝えておきます」と言ってくれたのだ。

 

すべてのスタッフが心温まるサービスに全うしていることに感動し、

この会社の大ファンになった。

 

商品を通じて心通うコミュニケーションが生まれ、

互いに喜び合える。

それが接客のサービスの本来の姿だと思う。

 

 

(日経MJ5月4・6日合併号より)

 

 

 

3.【帯広】

 

【アクセス】

東京?とかち帯広空港〈90分〉  東京→帯広 一日7便

       空港から帯広市内まで直通バスご利用の場合。

片道1,000円 所要時間約40分

 

       空港から帯広市内までタクシーご利用の場合。

片道6,500円 所要時間約35分

 

札幌近郊から列車で

       千歳空港(2時間10分) 帯広駅

       札幌駅(2時間20分) 帯広駅

 

札幌近郊から車で

       一般道利用の場合

札幌から車で約4時間

       高速道路利用の場合

札幌ICから夕張ICまで車で約45分

トマムICから音更帯広ICまで車で約45分

トマムICから帯広川西ICまで車で約50分

※夕張ICからトマムICまでは一般道のりようになります。約1時間40分

 

札幌近郊からバスで

       札幌駅(4時間)帯広駅

       新千歳空港(3時間30分)帯広駅

 

これからの季節に楽しめる所が盛りだくさんです♪

 

 

【うまいもの】

帯広はうまいものがたくさん!

十勝平野で取れる小豆を使ったお菓子

(有名すぎる六花亭・柳月も帯広が本拠地です)

 

豚丼、十勝牛のステーキ、十勝ワイン、

最近だと花畑牧場の生キャラメルも帯広です。

 

今では全国的に有名になっている六花亭ですが、

帯広のショップじゃないと入手できないコロネやカステラの切れ端もあります。

柳月のカフェで食べる事ができる三方六のパフェも絶品です!

豚丼は「ぱんちょう」が有名ですが、個人的には「はげ天」が大好きです!!

 

 

【過去最高・最低気温】

最高:37.8(1924/07/12)

最低:-38.2(1902/01/26)

 

 

【観光名所】

帯広市と帯広市近郊の町にはたくさんの観光名所があります。

 

まずは帯広市の観光名所を…

 ・真鍋造園

 日本初のコニファーガーデンで、日本一の面積を誇る庭園の中には、北ヨーロッパ、

 カナダなどから輸入された北方系外来樹種、園芸樹種が何百種もあり、生産、育種、販売しています。

 ガーデンセンターとカフェテラス等もあります。

  所在地/帯広市稲田町東2-6

  施設問合先/0155-48-2120

 

・緑ヶ丘公園内にある全長400mの長?いベンチ!!

帯広の緑ケ丘公園にある巨大な緑のキャンパス。

そこが8haの広さに芝生を敷きつめられた市民の憩いの場「グリーンパーク」です。

その内にある長?い『400mベンチ』は昭和56年7月19日市民の手作りにより

製作されました。

 

 場所:帯広市緑ヶ丘2番地(緑ヶ丘公園内)

 

・旧国鉄 幸福駅

「愛の国から幸福へ」で名をはせた幸福駅。木造駅舎、板張りのプラットホーム、

ディーゼルカー2両が当時のまま展示されています。

旅の記念に、純愛の聖地でウエディング体験イベント

「幸福駅ハッピーセレモニー」をどうぞ!

 

所在地…帯広市幸福町東1線  

 

 ・旧国鉄 愛国駅

現在、交通記念館として当時使用していた切符、パネル、SLを展示しています。

5月下旬?10月上旬には、駅舎隣で朝市を開催。

地元産の安心安全な農産物もどうぞ!

 

昭和62年(1987)年の広尾線廃止後も幸福駅は鉄道公園に、

愛国駅は交通記念館として駅舎とホームが残されています。

私も一度「幸福駅」を訪れましたが駅の待合室には訪れた方の名刺やメッセージなどで壁一面埋め尽くされてましたよ!

 

所在…帯広市愛国町基線39-40

 

 

では次は帯広近郊の観光名所を…

 

 ・ワイン城

 十勝ワインは栽培から製造・販売迄すべて行っています。

 ワイン城では、ワインの製造過程を工場見学することもできます。

 ちなみに併設するレストランでは十勝牛を地元ならではの価格で

食する事もできますよ。

 同じ敷地内には、DREAMS COME TRUEプロデュースによる

"DCTgarden IKEDA"があります。

 

 以前から、故郷北海道池田町のために貢献したいとの想いを持っていた

吉田美和と、 DREAMS COME TRUEに町の施設である

「旧物産の館」を利用した何らかの展開を希望していた池田町。

 その両者の想いが、今回"DCTgarden IKEDA"という形で実現。

 DREAMS COME TRUE吉田美和にまつわるたくさんの

 アナログなアーカイブ (=資料)を保管・展示することを目的とした

STORAGE(=倉庫)、 それが"DCTgarden IKEDA"です。

 

 住所 〒083-0002

 北海道中川郡池田町字清見83-3 

 電話番号 015?572?2467 

 

・花畑牧場

 もう名前を聞くだけでお分かりの方たくさんいるかと思います。

 生キャラメルで有名ですよね。

 下記のアクセス通り、帯広駅から少し離れていますが帯広までいらした方は

 少し足を伸ばしてみては!?

  アクセスJR帯広駅より車で約50分

 とかち帯広空港より車で約20分

089-1372 北海道河西郡中札内村元札内東4線311

 

 

【道の駅】

道の駅「なかさつない」は、

国道236号と道道清水大樹線の分岐点に位置している交通の要所で

南十勝観光の入口となっています。

 

駐車場に隣接して中札内の農業や観光を紹介する

インフォメーション施設・カントリープラザが設置されています。

カントリープラザ周辺には緑と季節の花に包まれた豊かなアグリパークがあり、

ゆっくりとくつろぐことができます。

また道の駅には、豆資料館が併設されており、楽しく学ぶ事も出来ます。

札幌から、高速を利用で道の駅「なかさつない」は236 キロメートル

所要時間 3時間42分。

札幌から、一般道利用で237 キロメートル 所要時間 5時間7分。

 

 

私たちがお待ちしてます。スタッフ紹介

日新堂スタッフの日常を公開




日新堂オフィシャルFacebookページ(交流会イベント情報はこちらでアップします)



幸せエコ名刺ユーザー交流会Facebookページ(過去の交流会の様子が見れます)




GSL
このサイトで使用している電力は
太陽光発電ネットワーク加盟者による
ソーラー発電(国内)を利用しています
このサイトはSLL暗号化通信(Comodo SSL)で
安全にご利用いただけます。

CRMベストプラクティス賞受賞