2010-11-09号

4】?とうきびペーパーについて? (11月9日号)

 【とうきびワゴンの歴史】

歴史は明治時代後半までさかのぼる。

 誰かが勝手に屋台を開き、トウキビやジャガイモといった農作物を焼いたり、ゆでたりして売り始めたとされる。

屋台は徐々に増えていった。

 

石川啄木は詠んでいる。

「しんとして幅廣き街の 秋の夜の 玉蜀黍の焼くるにほひよ」

 

やがて、増えすぎた屋台は公園や道路を占拠するようになった。

交通の確保と衛生面の問題を理由に、札幌市は昭和40年に屋台を排除。

 

しかし、市民の「街の風物詩をなくしてはならない」

という声が行政を動かした。

札幌観光協会が屋台の設置運営を札幌市に依頼された。

昭和42年「とうきびワゴン」が誕生した。

 

その年によりますが、だいたい7月下旬

冷凍から道内産の生のトウキビになる予定です。

・トウキビ(やき・ゆで) 1300

・じゃがいも 1250

・とうきび・じゃがいもセット 300

ほか冷たい飲み物・カキ氷などもあり。

 

○トウキビ、じゃがいも販売期間・時間

425日?531日 9:30?18:00

6 1日?630日 9:30?19:00

7 1日?831日 9:30?20:00

9 1日?930日 9:30?19:00

101日?1015日 9:30?18:00

 

【とうきびの保存方法】

 

とうきびは、時間が経つほど糖度が下がってしまいます。

3日以内に食べきれる量であれば、皮をむかずに縦にして冷蔵庫で保存すると良いでしょう。

 

食べきれない場合は、

茹でた後にラップに包んで十分に冷ましてから冷凍、

もしくは料理用に粒だけを削いで冷凍保存しておくと長く楽しめます。

 

【とうきびの種類】

 

・味来(みらい) - 1990年代から出回った生食可能な品種の先駆け、

 糖度平均12度。

・サニーショコラ - 糖度15度以上、生食可能な品種として、

 注目を浴びている。

・ゴールドラッシュ - 実が柔らかく、糖度の高い品種。生食可能。

・ミエルコーン-粒の皮が薄く、糖度の高い品種。生食可能。ミエルとは、

 フランス語で「はちみつのような甘さ」という意味を表している。

・ハニーバンダム - アメリカより伝来、日本で初めに食された品種。その後、品種改良により「ピーターコーン」が登場して以来、生産が減少し市場流通より姿を消しつつある。

・ピーターコーン-粒皮がやわらかく、糖度の高い品種。

ハニーバンダムより軟らかく甘味がある。

・ゆめのコーン - 実が柔らかく糖度の高い品種。生食可能。

・カクテルコーン

・甘々娘(かんかんむすめ)- 糖度が高く、生でも食べられる品種.

時間経過による糖度の低下が遅い。しかし発芽率が低く、

栽培の難しい品種でもある。

・ピュアホワイト - 甘味が非常に強い品種で生食も可能。

近年、メディアに紹介され絶大な人気を誇る。

 

とうきびとして食べない品種

・爆裂種(ポップコーン)- 菓子のポップコーンを作るのに使用する。

・馬歯種(デントコーン)- 主に家畜用飼料やデンプン(コーンスターチ)の原料として使用。

・硬粒種(フリントコーン)- 食用・家畜用飼料・工業用原料に

 主に使用される。

・もち種(ワキシーコーン)-完熟種子表面がワックスしたようにツルツル

 しているので、 この名が付けられた。

 

モチトウモロコシの名のとおり、

若いトウモロコシは蒸すとモチモチした食感となる。

東アジアに多く、日本在来種には白、黄、赤紫、黒色などの

7種類のモチトウモロコシがある。

 

若いモチトウモロコシの実は蒸して食べると美味だが、完熟させると固くなるので注意。

軟粒種(ソフトコーン)- 子実が軟質澱粉により形成されている。

ポッドコーン - 粒がひとつずつ頴に包まれている

 

【とうきびの栄養】

 

普段、体調を気遣う時「そうだ!とうきびを食べよう!」って

そういえばあまりならない。・・・身近なとうきびですが

どんな栄養価があるのでしょうか?

 

「とうきび」は食物繊維を多く含んでいるため、

便秘の方に効果があります。また、リノーム酸が多く

含んでおり動脈硬化に良いとされています。

また、肌荒れや 疲れにも有効。

 

糖質、たんぱく質がおもな成分で、とてもバラン良く栄養を含んでいます。

胚芽近くには、ビタミンE、B1、B2、カリウム、亜鉛、

鉄が多く含まれているので、なるべく胚芽のほうまで食べる方が

良いみたいです。

 

また、ビタミンB1、B2の吸収を高めるには、牛乳をプラスすると良い。

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変え、ビタミンB2がタンパク質の代謝を促すので、活動の始まりである朝食にもぴったりなので、

今日一日モリモリ働く方にはお勧めです!

 

そして女性に嬉しいことに髪もキレイにしてくれる栄養分があるそうです。

鉄分や亜鉛、食物繊維などなど・・不足しがちな栄養価を多く含んでいて、

色んな意味で女性をサポートしてくれるんですね?。

 

こうして見ると以外にスーパー食材かも?!

 

【とうきびの皮が紙になるまで】

 

さっぽろ大通公園の風物詩「とうきびワゴン」から出た

とうきびの皮が札幌大通公園からトラック数台分運ばれてきます

        ↓

それを紙に適している部分のみを選別

        ↓

一枚一枚剥がし、天日で乾燥させます

        ↓

とうきびの皮を乾燥させて細かく砕く

        ↓

埼玉県にある「優良パルプ普及協会」さんでパルプ化します

無薬品、非加熱でパルプを作るという唯一の技術をもっているところなのです

        ↓

       完成

 

天然素材のため、和紙のような風合いで、

皮の繊維が薄っすら混ざっているのが見えます

(とうきびペーパーは、合同会社工房アルティスタ さんが製造販売しております) 

 

     とうきびペーパーの詳しい内容はこちら↓○

http://www.nissindou.co.jp/eco/toukibi/

私たちがお待ちしてます。スタッフ紹介

日新堂スタッフの日常を公開




日新堂オフィシャルFacebookページ(交流会イベント情報はこちらでアップします)



幸せエコ名刺ユーザー交流会Facebookページ(過去の交流会の様子が見れます)




GSL
このサイトで使用している電力は
太陽光発電ネットワーク加盟者による
ソーラー発電(国内)を利用しています
このサイトはSLL暗号化通信(Comodo SSL)で
安全にご利用いただけます。

CRMベストプラクティス賞受賞