2010-10-06号

?点字?(10月6日号)

4【?点字?】

 

【点字はいつから出来たと思いますか?】

 

 

ナポレオン時代、フランス軍が伝令の秘密保持のために、

 

暗闇の中で伝令を受けても解読可能なように視覚と触覚の両方を意識して考案した点字を

 

用いた暗号文字・夜間書法を開発したそうです。

 

これを軍事目的ではなく盲人用文字として活用できないかと考え、

 

フランス語の音を 12の点と線の組み合わせで表すものを開発したそうです。

 

それを1824年、盲学校の生徒が改良して、音ではなくアルファベットや数字や記号類など

 

文字そのものを表す6点による点字を考案、この点字を明治時代に日本仕様に改良して、

 

1890(明治23)年111日に点字選定会にて日本点字が誕生しました。

 

111日】は点字の日となっています。

 

 

【点字は世界共通?】

 

点字は1825年にフランスの盲人ルイ・ブライユによって創案されたものだそうです。

 

縦3列、横2列で構成されている「六点式点字」は世界共通のものですが、日本点字と

 

西洋点字は違うので、国際的には通用はしない様です。

 

日本では1890年に石川倉次によって五十音に翻訳されたものが

 

現在広く利用されています。

 

最近ではデジタル化が進み、音訳などで読み上げる物も多くなり、

 

近いうち音声で読み上げてくれる名刺なんか出来るかもしれないそうです。

 

世界共通になって世界中の人が点字でも話せるようになるといいですよね。

 

【点字表記されている場所や物】

 

代表的なもの→ビール・地下鉄の階段・エレベーター・地下鉄の内部

 

身近なもの→道路点字ブロック(丸型で出張ってるものと、線を引いてるものがある。)

 

統一した決まりはないが、主に線のものは「まっすぐ進む」・丸は「一時停止」や「曲がる」

 

を表している。

 

点字とは多少違うが触って分かるようにしてあるのは、

 

    牛乳パックの開け口。

開け口の反対側上部に扇状の切欠きが1個、

ジュースパックは2個(販売会社によって異なる)

 

・プリペイドカードの端の切り欠き(挿入方向や表・裏を区別できるようにしてあります)

色んな場所に点字があれば目の見えない方も安心できる世の中になるといいのになぁと思いました。

 

 

【点字加工の流れ】

             

?専用用紙に針を入れる部分を表記             

1文字づつ点字表を見ながら記入していく作業です             

 

?専用用紙を見ながら針を入れる作業

             

?作業表記のチェック             

 

?名刺1枚ずつを専用機械に入れて点字加工作業

             

?最終チェック  

       

?日新堂で名刺1枚ずつ再度チェック             

 

?お客様へ発送         

 

 

【点字加工作業の体験感想】

 

実際に点字を打ってみると、文字にかからないように位置合わせをしたり、

浅すぎないように力加減を調整したりなど、

思った以上に大変で根気のいる作業だと思いました。

 

私たちがお待ちしてます。スタッフ紹介

日新堂スタッフの日常を公開




日新堂オフィシャルFacebookページ(交流会イベント情報はこちらでアップします)



幸せエコ名刺ユーザー交流会Facebookページ(過去の交流会の様子が見れます)




GSL
このサイトで使用している電力は
太陽光発電ネットワーク加盟者による
ソーラー発電(国内)を利用しています
このサイトはSLL暗号化通信(Comodo SSL)で
安全にご利用いただけます。

CRMベストプラクティス賞受賞